Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Profile
Category
Selected Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Link
RECOMMEND
Archives
Others

Calamari Union

<< 発熱中 | main | ふぅーーーっ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |
恋はデジャ・ブ/★★★★☆
2月2日の「Groundhog Day(聖燭祭)」の取材のために訪れた町で、何度も何度も“今日”を体験し、寝ても覚めても明日にならない男の様を描いたタイムラビリンス・ムービー。

出演:ビル・マーレー / アンディ・マクドウェル / その他
監督・脚本:ハロルド・ライミス

<今を生きる>

明日を明日にするために。

ワケもなく「今日」が繰り返されるという有り得ない設定であるにもかかわらず「身につまされ度」がやたらに高いのは、フィルが過ごす「永遠という一日」は実のトコロ、誰にも覚えがある繰り返される「フツウの毎日」のことだから。

劇中のフィルの台詞「今日は明日だ!」が輝くのは、気の遠くなるほどの「明日って今さ!」な毎日を彼が繰り返したことがイタイほど解るから。彼の劇的な変化も/彼のバラ色の人生も決して奇跡なんかではないことが解るから。

今日を大切に生きたその先に明日は繋がっていて、繰り返されるフツウの毎日は、自分の気持ち次第でその時だけの特別な一日になる・・・ともすれば陳腐になりがちなメッセージを違和感なく運んでくれるビル・マーレーはやはりサイコー!見せるコトと見せないコトのさじ加減が粋な編集もまたバツグンで。

そんな最高にステキな2月2日の「Groundhog Day」は長男の誕生日でもあって、なんだか少し嬉しくて。

トホホな邦題とパッケージがあんまりにあんまりな傑作!・・・とまでは云えないけど、心のベストテン第1位!・・・でもないけれど、心のベストテン第8位はこんな映画だった〜♪
| Posted by QAZ | MEMO | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |









http://calamari.jugem.cc/trackback/720