Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Profile
Category
Selected Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Link
RECOMMEND
Archives
Others

Calamari Union

<< 七部丈ズボン | main | 発熱中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |
シン シティ/★★★
裏切りと憎しみが支配する罪の街=シン・シティで、ある日3人の男達は、絶滅したはずの愛に出会う。彼らは、愛する女を闇の権力から守るため、命懸けの闘いに挑む・・・。

出演:ブルース・ウィリス / ミッキー・ローク / クライヴ・オーウェン / その他
監督:ロバート・ロドリゲス / フランク・ミラー / クエンティン・タランティーノ

<フラットライナーズ>
コミックの映画化と云うよりも映画のコミック化、呆れるほどの愛と血で彩られた男根ファンタジーな実写コミックは新しくて面白い・・・が、どこか退屈で。ロドリゲスだからできたように思われる実写のコミック化ではありますが、彼の持ち味である「チャイルディッシュなコミック感覚」は映画であるから生きるように思われ。ここでは血も涙も痛みも愛も性もあくまで図式でしかなくて、色香のようなものは感じられず。キャラクター/物語/背景・・・どれをとっても厚みがない、命が感じられない、どうにも心が躍らない。それならそれで男も女も、善も悪も、暴力も権力もすべてが単なるパーツにしかすぎないほどに深くてドス黒い街の意思のようなものを感じさせて欲しくて。
それでも2つ目のエピソードだけは面白く見られたのは、首だけになってからが楽しすぎるデル・トロ、感情を見せない殺戮マシーンのデヴォン青木、エロカッコ良すぎなロザリオ・ドーソンがコミック世界の住人としてリアルに息づいているから。そして畜生どもを殺しまくるのが娼婦であり女神でもあるという歪んだリスペクトに溢れる女達だからなのかも。無意味に着色されたドワイトのコンバースもツボでした。
| Posted by QAZ | MEMO | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |









http://calamari.jugem.cc/trackback/711
?á???
映画『 シン・シティ』は、 アメコミ界の大御所フランク・ミラーの人気コミック・シリーズの待望の映画化です。 『 シン・シティ』は原作からは"Sin City"、"The Big Fat Kill"、 "That Yellow Bastard"の三つの作品のオムニバス形式になっています。 フランク・ミラー
| 独身社会人映画ファンメーリングリストHPブログ | 2005/11/24 4:27 PM |