Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Profile
Category
Selected Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Link
RECOMMEND
Archives
Others

Calamari Union

<< ぬりぬりぬり | main | 思い出の宿 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |
バットマン ビギンズ/★★★
少年時代に両親を殺されたブルース・ウェインは復讐を誓って成長するが、犯人は殺害され、彼は行き場のない怒りに苦しむ。謎めいた「影の軍団」から戦闘技術を学んだブルースは、ゴッサム・シティで亡き父の大会社を受け継ぎながら、バットマンに変身して悪と戦うようになる。

出演:クリスチャン・ベール / マイケル・ケイン /
   リーアム・ニーソン / モーガン・フリーマン /
   ゲイリー・オールドマン / 渡辺謙 / その他

<欲望という名の電車>
欲望渦巻く闇の街〜ゴッサムシティ〜での奇人たちの晩餐会。毎夜行われる善も悪も等価にどこか狂った、可笑しくも哀しい終わりのない狂乱の宴・・・そんな街そのものが「バットマン」の主役であったように思うので、ブレードランナーから2歩進んで3歩下がったような薄っぺらな近未来都市像にまずゲンナリ。
「これまで誰も作らなかったリアルなヒーロー物を作る!」とのことですが、「誰も作らなかった」のは面白くならないからだよ、たぶん。アメコミ的設定とダークでシリアスなリアリズム演出が奏でる不協和音・・・突き抜けた虚構が炙りだすリアルだってあるだろうに。これは寓話なんだから、「お前の方がアブナイよっ!」がバットマンの魅力なんだから。
幼馴染の彼女に正体を姑息な手段で告げるぼっちゃん気質はどうにかならなかったのでしょうか?これが悩めるヒーローのリアリズム?・・・確かにリアルではあるけど。
もうけ役を喜々として演じるモーガン・フリーマン、クワイ=ガン・ジンのスライド登板?なリーアム・ニーソン、従来のイメージを逆手に取ったウイリアム・H・メイシー?なゲイリー・オールドマン、余裕たっぷりに笑いどころ/泣かせどころを押さえて映画を支えるマイケル・ケインなど役者陣は揃って好演、お腹いっぱい堪能しました。
| Posted by QAZ | MEMO | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |









http://calamari.jugem.cc/trackback/690